BLOG

石綿作業主任者

先日弊社3名で石綿取扱作業主任者の講習を受けてきました。本年度から80㎡以上もしくは請負金税込み100万以上の工事はアスベスト含有の調査が必須となりました。こちらをうけていない場合は補助金を活用した工事であると補助金は打ち切られます。石綿は過去は丈夫で安いとして多くの建材に含有しております。一般住宅の場合はアスベストを中に入れておりますので、私生活には支障はありませんが、解体等切断を行う場合はアスベストが空中に舞うため適切な処理が必要です。その工事を行う場合石綿の作業主任者の資格が必要であり、作業する職人にも石綿に関する特別教育をうけなければなりません。建設業界には多くの規制などがあります。安心・安全の家を作るために監督職人一同プロ意識をもって毎日勉強していく必要があると感じました。

工事部 岡林

関連記事

TOP