スタッフブログ

先進的窓リノベ事業

ご存じですか?

先進的窓リノベ事業(住宅の断熱性向上のための先進的設備設備導入促進事業)は経済産業省、環境省がおこなう国から支給されるリフォーム補助金のことです。

既存住宅における熱損失が大きい窓の断熱性能を高めることにより、エネルギー価格高騰への対応(冷暖房負担の軽減)や2030年度の家庭部門からCO2排出量約7割削減(2013年度比)への貢献、2050年ストック平均でZEH基準の水準の省エネルギー性能の確保への貢献を目的とします。

世界的に見て、日本の家は性能的に不十分なものが多く、性能を上げることによって家庭からCO2排出量を出来るだけ少なくしたいということでこの制度が出来てます。

一戸当たり上限補助金は200万円。

一定の水準のガラス、サッシが必要となり当然個人負担も必要となりますが、その改修工事によって住環境は良くなり、光熱費が抑えられ20年でその負担もペイされるという試算もあります。

これから寒い季節となります。窓から逃げる熱が気になる季節です。窓改修の見積りをして検討されてはどうでしょうか?

弊社でも2023年は5物件の補助申請を行っています。

2024年もこの事業が継続されると決まったみたいで、うれしいですね~。

                    Y様邸 先進的窓リノベ事業

TOP